動画詳細

じゃがいも焼酎の初仕込み 清里町の醸造所で始まる

(2017/09/12)
【清里】町の特産品であるじゃがいも焼酎「北海道 清里」の本年度の仕込み作業が9月11日、清里焼酎醸造所(羽衣町)で始まった。もろみにより発酵するジャガイモの甘い香りに包まれている。作業はタンクに入ったもろみに、蒸したジャガイモを機械で砕きながら加える。発酵させるため、長さ約2メートル、重さ3キロほどの櫂棒を持った5人の作業員がかき混ぜる。原料は町内の農家が栽培するでんぷん加工用の「コナフブキ」。ジャガイモを前年比5割増の44トン使い、計63キロリットルを製造する予定。仕込みは11月上旬まで。
ページの先頭へ戻る