動画詳細

除雪車 センチ単位の操作 夕張で競技会

(2017/08/29)
【夕張】除雪車操縦の巧みさを競う「除雪車チャンピオンシップ」が8月29日、道東自動車道夕張IC構内で開かれ、全道から選ばれたオペレーターが安全で迅速な作業にしのぎを削った。同大会は今年で4回目。砂を雪に見立てて行われた。参加者は全道六つの事業所で、高速道路の除雪に携わる約640人から選抜された18人。カーブの除雪やスラロームなど五つの種目が設定され、タイムや削り残した砂の高さなどを競った。優勝者はネクスコ・メンテナンス北海道岩見沢事業所の紺田勇斗さん(36)で、第2回大会に続き2年ぶり2回目。
ページの先頭へ戻る