動画詳細

<旭山動物園わくわく日記>シンリンオオカミ 家族の群れで生活

(2017/08/14)
旭山動物園の「オオカミの森」にはシンリンオオカミの家族が暮らしている。園内放送がかかるとオオカミたちは、飼育場をぐるぐる回ったり1カ所に固まったりしながら空に向かって遠ぼえを繰り返す。肉食でノウサギやシカを食し、「パック」と呼ばれる家族の群れで生活する。オオカミの森には、マース(雌9歳)とケン(雄10歳)のペアと、2頭から生まれた雌4頭、雄1頭の計7頭が暮らしている。現在開催中の、夜間の動物園を観察できる「夜の動物園」では、夕方以降活発にじゃれ合ったり岩場を駆け回るオオカミたちを観察することができる。
ページの先頭へ戻る