動画詳細

<ミンタラ>犬ぞり

(2016/12/17)
もうすぐクリスマスですね。サンタクロースは、トナカイが引くソリに乗ってやってくるといわれます。ところで、ソリが北海道のすぐ北で昔から使われてきたことを知っていますか? 北海道よりも寒い樺太(サハリン)に暮らしてきた民族は、ソリをよく使います。ウイルタ民族はトナカイのソリ、樺太のアイヌ民族とニヴフ民族は犬ゾリを使っていました。犬ゾリを、アイヌ語ではヌソといいます。(詳しい記事は12月17日北海道新聞朝刊「週刊まなぶん」に掲載しています)
ページの先頭へ戻る