動画詳細

イーストアイが北海道初走行 新幹線検査車両

(2015/06/11)
新幹線のレールなどに異常がないかを調べるJR東日本の検査車両「イーストアイ」が6月11日未明、来年3月開業を目指し走行試験が続く北海道新幹線新青森―新函館北斗間を初めて走行した。白地に赤い帯の入ったイーストアイは6両編成で、走行しながら軌道や電気設備の状態を調べることができる。東海道・山陽新幹線で活躍し、黄色い車体で鉄道ファンに人気のある「ドクターイエロー」と同じ役割を担っている。午前2時55分ごろ、北斗市の新函館北斗駅に到着した。渡島管内七飯町の函館総合車両基地で1泊し、12日未明に青森方面へ折り返す予定だ。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る