動画

平昌五輪代表 SAJが23人追加発表 (2018/01/23)
 2月に開かれる平昌冬季五輪と、3月に開かれる平昌パラリンピックの日本代表が1月22日、ほぼ出そろった。全日本スキー連盟(SAJ)が同日、平昌冬季五輪代表の残り23人を発表し、道内関係選手は、3大会ぶりの代表派遣となるアルペン女子の安藤麻(あさ)(21)=東洋大、旭川市出身=ら6人が選ばれた。アルペン女子で道内出身の選手が選ばれたのは24年ぶり。これで、道内関係選手は、スケートなど既に発表済みの選手と合わせて65人となり、58人だった前回ソチ冬季五輪を上回った。
ページの先頭へ戻る