動画

最新鋭の農業機械が勢ぞろい 帯広の国際展 (2018/07/14)
帯広市の北愛国交流広場で7月12日開幕した「国際農業機械展in帯広」。農業者の高齢化や担い手不足を背景に、参加134社の各ブースには、効率化や省力化をかなえる最新の機械がずらりと並んだ。34回目の今回は情報通信技術(ICT)を活用した農業の生産性向上がテーマ。自動走行トラクターの畑での直進性を体験できるシミュレーターや衛星利用測位システム(GPS)を使って農薬や肥料の散布場所を細かく調整できる機械などが注目を集めた。
ページの先頭へ戻る