動画
乙部で竜巻 町内の男性が撮影 (2017/09/21)
【乙部】檜山管内乙部町で9月20日に発生した突風について、函館地方気象台は21日、現地調査を行い、突風は竜巻だったと発表した。突風の強さは、風速や被害状況を基に6段階で示す「日本版改良藤田スケール」で最も弱い「JEF0」に該当するとした。気象台は竜巻と判断した根拠について、突風発生時に活発な積乱雲が通過していたことや、撮影された動画に、上空の雲から地上に伸びて移動する渦が映っていたためと説明。突風は20日午前11時43分ごろ発生、町内で倉庫のトタン屋根の一部が飛ぶ被害があった。けが人はなかった。
ページの先頭へ戻る