動画

余市の人気ワイナリーのブドウ収穫を支援 道内外の愛好者 (2018/10/24)
後志管内余市町の人気ワイナリーの「ドメーヌ・タカヒコ」(曽我貴彦代表)で10月21日、道内外のワイン愛好者ら約80人がボランティアでブドウの収穫作業を行った。ワイナリーは2013年から収穫ボランティアを募集。今年も10月初旬にSNSで呼びかけた。首都圏など道外が4割を占めた。昼食時には試飲サービスが行われ、参加者らは満足げな表情で味わっていた。ワイン評論家らでつくる日本ワイナリーアワード審議会が主催する今年の審査会で、「タカヒコ」は道内で唯一、最高賞の「五つ星ワイナリー」に選出された。
ページの先頭へ戻る