動画

阪神大震災から23年、追悼のつどい (2018/01/17)
6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年となった。大きな被害が出た兵庫県内の各地で、犠牲者の鎮魂と記憶の継承を願う追悼行事があり、地震発生の午前5時46分に遺族らが黙とうした。「1・17のつどい」があった神戸市中央区の公園「東遊園地」には、「1995 伝 1・17」の文字が竹灯籠で形作られ、市民が囲んだ。つどいでは、遺族代表で神戸市須磨区の在日コリアン2世崔敏夫(さい・としお)さん(76)が、次男秀光(スグァン)さん(20)を亡くした当時の状況を振り返り「悲しみを乗り越え、住みよい町づくりを目指すことが息子のため」と追悼の言葉を述べた。神戸市の久元喜造(ひさもと・きぞう)市長は「災害に強い都市づくりを進める」とあいさつした。
ページの先頭へ戻る