動画
サカベコでコンサとイラクの子応援 札幌で体験会 (2017/11/18)
福島県会津地方の牛の首が上下に動く郷土玩具「赤べこ」にサッカーのユニホームの柄を塗った「サカベコ」の製作体験会が17日、札幌市西区の学童保育所「えぞりすクラブ」で開かれた。サカベコは、イラクの小児がん患者らの支援をしているNPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク」(東京)が、イラクの子どもたちを元気づけようと考案。体験会では小学生約20人が、J1残留を目指すコンサドーレ札幌の柄の赤と黒色に仕上げた。赤べこには魔よけの効果があるとされ、NPOの担当者は「コンサにも子どもたちにも幸運が訪れて」。
ページの先頭へ戻る