動画

独創の怪獣 札幌に「大進撃」 北広島の小口さん個展 (2018/05/22)
北広島市の小口敏弘さんが、オリジナル怪獣の人形を披露する「怪獣大総進撃」展を札幌市資料館(中央区大通西13)で開いている。樹脂粘土製の怪獣など約10体は、皮膚のしわや爪先まで精巧に作られ、今にも動き出しそう。小口さんは、ビデオで見たゴジラに魅せられ小学2年から、怪獣の人形を作りはじめた。北広島市の道都大(現星槎道都大)に進学し、デッサンや水彩を学び、腕を磨いた。今は同市内の物流施設で働きながら、自宅で制作を続けている。5月27日まで、午前10時~午後5時。最終日は午後4時まで。無料。
ページの先頭へ戻る