動画

おびひろ動物園のビーバー「ナツ」 11月に甲府へ婿入り (2021/10/27)
おびひろ動物園で飼育しているアメリカビーバー「ナツ」(雄、3歳)が11月、繁殖目的のため甲府市遊亀(ゆうき)公園付属動物園(山梨)に移る。夏季開園終了日の11月3日まで展示され、15日に移送する予定。ナツは2018年6月におびひろ動物園で生まれ、NHK連続テレビ小説「なつぞら」にちなんで名付けられた。遊亀公園付属動物園では雌のユリア(14歳)とあずき(3歳)の2頭を飼育。あずきが繁殖が出来るようになる3歳を迎え、相手を探していた。双子で、一緒に名付けられた「ソラ」は3月に四国の動物園に移った。
PR
ページの先頭へ戻る