動画

鍛錬の技 境内で披露 札幌まつりで古武道演武 (2019/06/17)
北海道神宮(札幌市中央区)で6月15日、北海道神宮例大祭(札幌まつり)の奉納行事として古武道演武が奉納された。北海道古武道協会の主催で、今年で40回目。境内に設けられた舞台の上で剣術や杖道(じょうどう)、居合道など8団体が日頃鍛錬した技の数々を披露した。真剣による試し切りや子どもが大人を投げ飛ばす場面もあり、見物客からは大きな拍手を浴びていた。同協会理事長の諸井正毅さんは「今年も武の神様に私たちの精進する姿を見ていただきました。また1年鍛錬に励みます」と笑顔を見せていた。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る