動画

まん丸玩具にまん丸笑顔 上士幌で赤ちゃんに森の輪プレゼント (2019/08/21)
 生後間もない乳児向けの玩具「森の輪(わっこ)」が8月20日、上士幌町ふれあいプラザに健診に訪れた母子12組に贈られた。玩具は町の木に指定されている「シラカバ」を材料に製作され、赤ちゃんが早速、握ったり、口にくわえたりして遊んだ。地元の木に親しんでもらうおうと、十勝総合振興局や帯広大谷短大などでつくる運営委の「すくすく十勝応援プロジェクト」の一環で初めて実施。玩具は直径約8センチ、厚さ約2センチのドーナツ型で、同短大の社会福祉科子ども福祉専攻の専任講師で木工アーティストの馬場拓也さんが開発した。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る