【PR】医療法人 愛全会 愛全病院

北海道医療情報2017 医療の現場から

 1969(昭和44)年の開設以来、早くから高齢者医療に取り組み、医療・福祉・介護が密に連携したネットワークで、患者とその家族に寄り添った温かみある医療サービスを提供している「愛全病院」。

 2017年12月、さらに高い専門性と総合力を備えた高齢者医療の実現を目指して、新築リニューアルオープンし、ハード・ソフトの両面を大幅に拡充した。ここでは、新たな施設の特色や、“真の高齢者医療とは何か?”を追い求め、独自性の強い医療を展開する同院の取り組みを紹介する。

愛全会の「愛」は、思いやりと優しさの「愛」

「愛」が「全て」を包む、地域医療の拠点病院に

 愛全会グループは1969年、高齢者医療に特化した「愛全病院」を開設し、その歴史をスタートさせました。以来、国内の先進事例が乏しい中、介護老人保健施設や養護老人ホーム、ケアハウスなどご高齢者さまに必要な施設を順次開設する一方、早くからリハビリテーション医療に力を注ぎ、常にご高齢者さまの医療・保健・福祉サービスの最前線を歩んでまいりました。

 私たちが何よりも大切にしているものは「愛」です。愛全会の「愛」は、思いやりと優しさの「愛」。すべてのご高齢者さまへの「愛」を「全(まっと)う」したいという思いから名付けました。人はただ長生きすればいいというものではありません。生きる希望が必要で、その希望を叶えていただくためには、生きる喜びや活力を提供しなければなりません。すべてのご高齢者さまとご家族の皆さまの心に希望の灯をともせる愛全会でありたいと思っています。

 愛全病院のリニューアルにあたっては、「いつまでも美しく、健やかに、そして自分らしく」をコンセプトに、愛全会の長年にわたる高齢者医療のノウハウを結集いたしました。従来の病院にある暗く、無機質なイメージを打破し、ご利用される皆さまに感動を与えつつ癒やすことのできる病院づくりを目指しました。

 2019年に愛全会グループは創立50周年を迎えます。私たちは、これからも高齢者医療のトップランナーとして、すべてのご高齢者さまの幸せのために挑戦を続けていくことをお約束します。

愛全病院の目指すもの

心の寄り添いが“患者さま”を支える

 入院を主とする高齢者・慢性期病院は、医療の原点に立つ必要があります。それは、患者さまやご家族に寄り添う医療、支える医療です。高齢により衰えた身体機能をどう回復・維持するか、そして『生きていてよかったと思えるひととき』をどれくらい感じてもらえるか。その場面においては、臓器別に高度医療を施すということでなく、医療が生活する上でケアになるかどうかという視点を持つことが大切だと考えています。

 患者さまとご家族にとって最善は何か。これを、とことんシンプルに追求し、実践しています。それが当院の考える“ホスピタリティ=心の共有”です。

スタッフ一丸で最善の方策を探る

 いわゆる臓器別の単科での診療・ケアでは、高齢者特有の問題への対応はされにくいため、診療科はもとより部門間の壁を取り払い、病院全体で個々の患者さまを診療する体制を構築しています。より高度な医療、福祉、介護を提供するためには、スタッフ一人ひとりの確かなスキルとともに、『人を幸せにしたい』という熱い情熱、それらの思いが結集したチーム力が不可欠です。

“患者さまファースト”の療養環境

 新しい病院は、従来の病院のイメージをがらりと変える、ホテルやサロンのような空間が広がり、壁に飾られた瀟洒な絵画や花器など、エレンガントなインテリアが目を引きます。病室は4床室・2床室・個室を用意。清潔で明るく、冷暖房、調湿、空調を備えています。そのほか、各病室への見守りやすさを重視した病棟スタッフステーション、ストレッチャーに乗ったままで利用できるミスト浴槽など、患者さまが安心、快適に療養できる環境を準備しました。

 当院の各病棟では、「あいちゃんケア」と呼ばれる、患者さまの笑顔と生きる活力を生み出す独自の取り組みを行っています。新しくきれいな療養環境の中、これまで以上に患者さまにとって何が必要なのかを常に考え、実行できる看護を目指してまいります。

日常生活のリハビリに「力」

~愛全病院のメディカルチームリハビリテーション~

 同院では、126名からなるリハビリ専門職員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が、医師や看護師、ケアワーカーなど多くの職種と連携したメディカルチームリハビリテーションを実施している。入院前から一人ひとりの心身の状態やさまざまな要望などを確認し、チーム全体で綿密なカンファレンスを行い、情報を共有する。日常生活の回復に向けたリハビリを中心に、「予防的リハビリ」「悪化のスピードを抑えるリハビリ」など目的に合った高度なリハビリ医療が展開されている。

 単に訓練室での機能訓練にとどまらず、家庭生活を想定したリハビリや、趣味の創作活動やレクリエーションなどへの活動参加を通じての「心のリハビリ」も実施。健やかな療養生活や円滑な在宅復帰に結びつけるよう努めている。

12月1日 新築リニューアルオープン

【診療科目】
●内科 ●消化器内科 ●循環器内科 ●呼吸器内科 ●リハビリテーション科 ●歯科

【外来受付】
月曜~金曜 9:00~12:00、13:30~17:00
※歯科診療は、月・水・金曜の9:00~12:00、13:30~19:00、
火・木曜の9:00~12:00、13:30~17:00、土曜の9:00~12:30

【入院施設】
●一般病棟(199床)
●回復期リハビリテーション病棟(55床)
●医療療養病棟(240床)
●介護療養病棟(115床)

【入院のご相談】
愛全病院 地域医療連携室
011-572-8001(平日9:00~17:00)

http://www.aizenkai.or.jp/

企画制作/北海道新聞社広告局
ページの先頭へ戻る