世論@Web 読者アンケート

甲子園の延長タイブレーク導入は良かった?

 100回の節目を迎えた全国高校野球選手権(夏の甲子園)で、北北海道代表の旭大高と南北海道代表の北照はともに初戦突破はなりませんでしたが、最後まであきらめないすばらしい戦いを見せてくれました。旭大高は甲子園で初となる延長タイブレークまでもつれ込み、惜しくも敗れました。選手の健康を第一に考え、長い延長戦を避けて早期決着を促す「タイブレーク制度」。導入を巡る議論では「熱戦に水を差す」などの反対の声もありました。そこでお聞きします。

(8月22日まで。結果は9月2日のオピニオン面「世論@Web」でお伝えします)

下記の項目をご入力ください

  • 性別 
  • 年齢 
  • Q1:延長タイブレークの導入は良かったと思いますか? 
  • 理由があれば、お書きください。
  • Q2:近年は夏の猛暑が「災害」と呼べるほど過酷となっています。選手の健康を守る上でどんな対策が必要だと思いますか。
  • Q3:あなたが選ぶ高校野球のヒーローは誰ですか。思い出とともにお書きください。
ページの先頭へ戻る