馬事通信

馬事通信紙面ビューアー  馬事通信紙面ビューアー申し込み 

馬事通信購読者限定のサービスです。お申し込みの際は北海道新聞パスポートを取得の上、上記申し込みボタンへお進みください

11月15日号の主な内容

●ビッグレッドファームがGⅠ3勝馬ベンバトルを種牡馬として導入
●ホッカイドウ競馬過去最高の売上げで2021年シーズン終了
●タイトルホルダー菊花賞制覇で生産者岡田スタッドは初のクラシック制覇
●浦河・荻伏軽種馬生産振興会青年部による「軽種当歳馬品評会」開催
●ノーザンファーム繁殖牝馬セール開催
●㈱ジェイエス繁殖馬セール開催
●阪神カップ優勝シュウジが引退。種牡馬に
●種牡馬ハーツクライ産駒歴代単独10位のJRA1273勝を記録
●モーリス産駒が豪州GⅠ制覇
●オルフェーヴル産駒が米国GⅠ制覇
●胆振軽種馬農協、同青年部がWEBセミナー「サラブレッドの血統に関する講習会」を11月25日に開催
●道営ホッカイドウ競馬重賞結果
●JRA種牡馬別勝ち馬一覧
●「強い馬づくり最前線」競走馬の長距離輸送について JRA日高育成牧場
●「たかはしかよこの南関紀行」地方競馬の悲願JBCクラシック制覇 高橋華代子氏
●「地方競馬Eye」高知競馬に1億円ホース誕生 大恵陽子氏
●「キャリアだけはそこそこに」 沢田準氏
●「岩手競馬便り」 松尾康司氏

<ご案内>

●発行
毎月2回(1日号、15日号)

●購買申し込み・連絡先
北海道新聞HotMedia 釣り新聞・馬事通信編集部
電話:011-271-0538
FAX:011-261-0477

●購読料
年間1万1525円=送料・税込み

●形態
タブロイド判オールカラー
20~36ページ

●購買者層
軽種馬生産者、馬主、調教師、生産者団体、競馬関係団体、一般競馬ファン

●記事内容
30数年の社歴を有する、生産地に立脚した唯一の業界紙。
種牡馬の動向、軽種馬市場(上場、売却表)の詳報、Gレース優勝牧場の喜びの声、産地関係の人事異動、JRA種牡馬別勝馬表、JRA認定・地方重賞成績、日高育成牧場報告、海外競馬の話題など

<2021種牡馬特集号>

㈱北海道新聞HotMedia釣り新聞・馬事通信編集部は国内で供用されている、主要種牡馬の最新情報を網羅した「2021年種牡馬特集号」(B5判、512ページ、1部カラー、本体価格2100円《税込・送料別》)を発刊した。主な内容は、サラブレッド種牡馬209頭のプロフィール。本年度出産予定繁殖牝馬の種牡馬別一覧表。サイアーランキング、馬主ランキングほか。掲載種牡馬は3代血統表、競走成績、父母・兄弟・近親などのファミリーライン、けい養地、種付け条件、照会先ほか関連情報を詳細に紹介。出産予定牝馬は父母名、けい養牧場、出産予定日、連絡先などが分かりやすい一覧表となっている。

B5判512ページ、本体価格2100円(税込・送料別)

<お申し込み、お問い合わせは>
㈱北海道新聞HotMedia釣り新聞・馬事通信編集部
電話:011‐271‐0538
FAX:011‐261‐0477

PR
ページの先頭へ戻る