PR
PR

鼻息とダイヤモンド

 地球温暖化などと言われているが、北海道のここ数年の冷え込み具合を体感すると、正直「うそだべ」と疑いたくなってくる。今冬、年が明けてからは特に冷え込みが厳しく、先日はとうとう別海で-27.3℃を記録してしまった。(こう書くと「いや俺の地域の方が寒い」「私の地元のほうが体感気温が」とお叱りを受けるかもしれないが、ようするに住民感覚で「なまら寒かった」と申し上げたいのです)

 当然、まだ暗いうちから外で農作業をしていると、鼻毛は凍るわ手足の感覚が早々になくなるわで、本当にしんどい。「次の休日が来たら私、温泉行くんだ…」などと気を紛らわせようとしても、「そういや次の休日は4月以降だった」とすぐ現実に引き戻されてしまう。ちょっとの夢も見られやしない。

残り:284文字/全文:608文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る