PR
PR

無人配車サービスの衝撃

 いまや私の海外出張で欠かせないサービスがある。配車サービスの「Uber(ウーバー)」だ。スマートフォンのアプリ上で自分が行きたい目的地、乗り込む人数を指定するだけで、まもなく見知らぬ誰かの運転する車(タクシーではなく一般の車)が自分が立っている所まで迎えに来てくれる。アプリ上には迎えにくる車種と色、それに運転手の名前が表示されるので、それを頼りに車に乗り込む。運転手とはもちろん初めて会うわけだが、“Hi”の様な簡単な挨拶だけでOK。あとは予め指定した目的地まで連れて行ってくれる。Uber社が提供するカーナビアプリが目的地まで地図と音声でナビゲートしてくれるので、運転手はただその通りにハンドルを切れば良い。アプリは、運転中のコース逸脱や速度超過を認識できるので、運転は常に見張られていると言っていい。もちろん運転手は、Uberに個人情報を登録しているので迂闊なことはしない。目的地に到着したら、“Thank you”とだけ言って降車すればいい。料金は配車を申し込んだ時に予め決まっており、Uberに登録した自分のクレジットカードから引き落とされる。しかも格安だ。ナビゲートも料金支払いもUberアプリがやってくれるので、運転手の役割は本当に運転だけだ。

 Uberが「白タク」配車サービスなのに対して、お隣中国では主に業務用タクシーを対象とした「滴滴出行(Didi Chuxing)」という配車サービスが大人気だ。中国でタクシーに乗ると、うるさいなあと感じるほど頻繁に運転手のスマホから呼び出し音が鳴ることがある。次に乗車するお客様からの配車リクエストだ。2012年6月に創業したばかりのDidiだが、既に中国360以上の都市でサービスを展開している。またAppleの10億ドルをはじめ、名だたる企業がこの新興企業に投資を決めている。UberにせよDidiにせよ、配車サービス如きに何故これほどまで注目が集まるのか?そこには驚くべき理由がある。

残り:679文字/全文:1504文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る