PR
PR

国連総長「先制不使用」に初言及 核戦争「断じて許容できない」

 国連のグテレス事務総長が6日、広島市の平和記念式典で核兵器保有国に「核の先制不使用」を約束するよう呼びかけたのは、事務総長として初めてだったことが分かった。国連当局者が明らかにした。グテレス氏は同日、広島市で記者会見し、核の脅威の高まりに改めて危機感を表明し、核戦争は「断じて許容できない」と強調した。

 グテレス氏は記者会見で、保有国が「先制不使用」政策を導入するための議論が、来年5月に広島市で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)で進展することに期待感を示した。

 日本政府に対しては、停滞する核軍縮を動かす上で「大きな役割がある」と指摘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒国連事務総長あいさつ全文
⇒ウクライナは核抑止の犠牲 広島知事、現実直視を訴え
⇒核廃絶「日本が先頭に」と要望 被爆者団体、首相に面会

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る