PR
PR

英連邦捕虜追悼、最後のあいさつ 日本人牧師、不戦誓い

 第2次大戦中に日本軍の捕虜となり、日本国内の収容所などで死亡した約1800人の英軍兵士らを追悼する集会が6日、横浜市保土ケ谷区の英連邦戦死者墓地で開かれた。今回で最後のあいさつとなる日本基督教団の関田寛雄牧師(93)は「兵士とその家族に慰めがあることを祈り、不戦と共生の誓いを新たにする」と哀悼の意を示した。

 参列した各国の大使館関係者や市民ら約190人が賛美歌を歌って祈りをささげ、慰霊碑に献花した。英国在住のホームズ恵子さん(74)は、来日した元捕虜と広島や長崎の原爆被害者が互いに謝る姿に「双方が戦争の犠牲者として理解し合え、絆を強めます」と語りかけた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る