PR
PR

道央道でまたクマ目撃 白老ー苫小牧西IC間で一時通行止め

[PR]

 【苫小牧】6日午前9時45分ごろ、苫小牧市樽前付近の道央道で、通りかかった東日本高速道路(ネクスコ東日本)の職員がクマ1頭を目撃し、道警高速隊に通報した。この影響で、道央道白老インターチェンジ(IC)―苫小牧西IC間が約2時間通行止めとなった。

 同隊によると、クマの体長は約60センチ。同隊が駆けつけると草むらに立ち去ったという。現場付近では4日夜に親子グマとみられるクマ2頭が乗用車と衝突して死んだ。5日昼には子グマ1頭が同様の事故で死に、付近で別の子グマ1頭が出没したため、同区間が4時間以上通行止めとなった。この子グマと6日に出没した個体は同一とみられ、死んだ子グマを含めいずれも4日に死んだ親グマの子どもの可能性があるという。

【関連記事】
道央道でクマと乗用車衝突 別の1頭も出没、4時間超通行止め
ダメ!クマに接近 知床国立公園内で危険事例4件 車降り撮影、注意で口論も お盆や秋へ警戒
三角山などにヒグマ防除重点地区指定 電気柵設置へ 札幌市方針

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る