PR
PR

ニューヨークでも平和の祈り 原爆投下時刻に犠牲者追悼

 【ニューヨーク共同】核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開かれている米ニューヨーク各地で5日(日本時間6日)、広島原爆の日に合わせ、犠牲者を追悼する催しがあった。NPT会議を傍聴するために渡米した被爆者らが参加し、現地の市民と共に平和を祈った。

 会議場の国連本部に近い教会で開かれた集会には、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の木戸季市事務局長(82)ら約40人が参列。米軍が広島に原爆を投下した日本時間の6日午前8時15分(ニューヨーク時間の5日午後7時15分)、追悼の鐘を鳴らした。木戸さんは「原爆は人間が生きた証しを全て奪い去った」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る