PR
PR

早期の人事、自民党内に驚き 首相が周到に準備の見方も 10日に内閣改造

[PR]

 岸田文雄首相(自民党総裁)が、9月上旬とみられていた内閣改造・党役員人事を今月10日に行う方針を固め、党内に驚きが広がった。自民国会議員らとの関与が明らかになっている世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題などで内閣支持率に陰りが見える中、前倒ししたとの観測が広がる一方、首相が秋の臨時国会に備えて早くから周到に準備していたとの見方もある。

 人事を巡っては当初、夏休みや外交日程から8月中は困難で、9月上旬とみられていた。「驚いた。全く想定してなかった」。自民幹部は予想よりも1カ月早い内閣改造・党役員人事に動揺を隠さなかった。

 想定より早い人事について、自民参院幹部は「旧統一教会問題などがこじれているからではないか」と話す。現職閣僚を含めて教団との関わりが相次いで明らかになり、内閣支持率は軒並み下落傾向。野党は新型コロナウイルスの流行「第7派」への対応も含め政権を追及する構えで、閣僚経験者は「早く人事をやって打開したかったのだろう」と首相の意図を推し量る。

 一方で異なる見方も浮上する。自民ベテラン職員は今回の人事時期について「首相が狙い澄ました一手だ」とみる。8月上旬に組閣することで秋の臨時国会まで1カ月以上を確保でき、新閣僚に対して大型の補正予算の編成を指示する余裕も生まれる。

 また、党幹部の一人は「あと1カ月あると、いろいろと(人事を)頼み込む人が出てくる」と指摘。早期に人事を行うことで、人選について主導権を握る狙いもありそうだ。昨年の衆院選でも首相は投開票を当初想定された時期より1週間早めており、現職閣僚は「攻めの姿勢の表れだ」と語る。

 ただ、お盆間近の慌ただしい雰囲気の中、人事は行われる。過去の不祥事などを調べる「身体検査」が不十分なら、新閣僚が就任早々に追及を受ける危険もはらむ。「このタイミングの人事は失敗するかもしれない」。自民関係者は不安視した。(吉田隆久、竹中達哉)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る