PR
PR

日本ハム、鬼門の大阪 ポンセ炎上「失投とらえられた」(5日)

 またしても大阪の地で勝てなかった―。五回終了時にリードし、京セラドーム大阪での今季初勝利を期待させたが、ポンセの炎上によって白星はするりと逃げていった。

 1点リードの六回だった。ポンセは、先頭の中川圭、吉田正にいずれもカウントを稼ぎにいった球を連打され、無死二、三塁に。続く杉本への初球。チェンジアップが真ん中低めに入った。昨季の本塁打王がすくい上げると、左翼手の近藤が一歩も動けないほど完璧な逆転アーチとなった。新庄監督は「ホームランになったら駄目なボールだった」と天を仰いだ。

残り:556文字 全文:797文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
PR
ページの先頭へ戻る