PR
PR

オエノンHD、営業赤字転落 6月中間決算

[PR]

 旭川発祥の合同酒精(東京)を傘下に置く酒造大手オエノンホールディングス(同)が5日発表した2022年6月中間連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が1億4700万円の赤字(前年同期は8億2500万円の黒字)に転落した。輸入しているアルコール原料やコーンの高騰、円安の影響を受けた。

 売上高は前年同期比1・0%増の383億6800万円。酒類の値上げ効果に加え、プライベートブランド用の酎ハイが好調だった。繰り延べ税金資産を取り崩し、純損益は7億4400万円の赤字(同5億5800万円の黒字)。

残り:210文字 全文:456文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る