PR
PR

夕張のレストラン、空き家改装し再開 コロナでインド修業断念の若山さん ピザやケーキ提供「ゆっくり過ごせる場所に」

 【夕張】市内でイタリアンレストランを営んでいた若山恭平さん(28)が3日、空き家を改装したレストラン「空」を市昭和にオープンさせた。インド修業で料理人としてのスキルを高めるつもりで閉店したが、新型コロナウイルス禍で渡航を断念。いったんは違う仕事に就くも、再び料理人として生きていく覚悟を固めた。新店は旧店同様、人口減の著しい本町地区にあるが、妻の絢香さん(27)と2人で広く市民や観光客に愛される店づくりを目指す。

 若山さんは旧店「空」を3年間営業した後、2020年にインドの伝統医学「アーユルベーダ」に基づく料理を学ぶべく、インドに行く予定だった。そこにコロナ禍が直撃。やむを得ず、興味のあった建築の仕事などに就く一方、料理人としての視野を広げたいと、食べ歩きも行ってきた。

残り:411文字 全文:750文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る