PR
PR

自民候補、辺野古移設を容認 沖縄知事選の主要争点に

 9月11日投開票の沖縄県知事選に立候補を予定している佐喜真淳前宜野湾市長(57)は5日、那覇市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認すると表明した。4年前の知事選にも出馬したが、移設の是非を明言していなかった。自民党が佐喜真氏を擁立し支援している。

 再選を目指す玉城デニー知事(62)は反対を掲げており、辺野古移設が知事選の主要争点となる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る