PR
PR

<しりべし 鉄道いま昔>③小樽駅と南小樽駅 「まちの顔」象徴駅名3度改称

 JR函館線の小樽駅と南小樽駅は、3回も名前が変わっています。隣り合った駅で、ここまで改称されているのは、おそらく全国でも唯一でしょう。これには歴史的な事情があります。

 1880年(明治13年)に幌内鉄道手宮―札幌間が開通。現在の南小樽駅が開運町駅として開業し、その後、駅舎の火災などを機に住吉駅となります。路線は89年(明治22年)に北海道炭礦(たんこう)鉄道に移管され、11年後に小樽駅となりました。

残り:581文字 全文:847文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<しりべし 鉄道いま昔>
⇒①「山線」の塩谷駅 ニシン漁に配慮 区間は山側に
⇒②国鉄胆振線 沿線の鉄鉱石輸送、国策担う

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る