PR
PR

台湾海峡の安定化「日米で連携」 首相がペロシ米下院議長と会談

[PR]

 岸田文雄首相は5日、ペロシ米下院議長と首相公邸で約1時間会談した。首相は、4日に中国が軍事演習で弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したことについて、「地域や国際社会の平和と安定に深刻な影響を与える」と懸念を示し、中国側に強く抗議したと伝えた。首相は会談後、記者団に「台湾海峡の平和と安定を維持するため、日米で緊密に連携していくことを確認した」と述べた。

 首相は会談で、中国の軍事演習について「わが国の安全保障と国民の安全に関わる重大な問題だ」と強調。日米同盟の強化や「自由で開かれたインド太平洋」実現に向けてペロシ氏や米国議会の支援を求めた。ロシアによるウクライナ侵攻や北朝鮮情勢、「核兵器のない世界」への取り組みについても意見を交わした。

残り:261文字 全文:683文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒日米と中ロ、台湾巡り対立鮮明 東アジアサミット外相会議
⇒中国軍艦、海峡の中間線越え 台湾「挑発的行為」と非難
⇒ペロシ米下院議長、板門店訪問 尹氏、対面避け電話会談

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る