PR
PR

旭大高・山保選手「亡き友人の分も」 東日本大震災の記憶胸に甲子園へ 10日に大阪桐蔭戦

 【旭川】6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会に出場する旭川大学高の山保(さんぽ)亮太さん(18)=旭川市=は幼少期を過ごした宮城県石巻市で2011年3月の東日本大震災に遭ったが、幸運にも大津波から逃れ、旭川で甲子園出場の夢をかなえた。野球に打ち込める環境に感謝し、10日、春夏連覇を目指す大阪桐蔭に挑む。

 山保さんは1歳の頃から父貴史さん(46)=十勝管内幕別町出身=が勤める日本製紙の工場がある石巻市で暮らした。休日には近くのグラウンドで、帯広農業高や日本製紙野球部に所属していた父や兄とキャッチボールを楽しんだ。

残り:509文字 全文:827文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒第104回全国選手権大会 出場2校紹介
⇒夏の甲子園が開幕 コロナ感染拡大で入場行進は主将のみに

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る