PR
PR

3、2、1、発射! 森でモデルロケット教室

 【森】外国製のキットを使って本格的なロケットを組み立てるモデルロケット教室(町教委主催)が、さわやかセンター・砂原で開かれ、さわら小の1~6年生5人が製作と打ち上げに挑戦した。

 7月29日に実施した。町内在住で日本モデルロケット協会指導講師の沢口幸男さん(68)の指導を受け、子どもたちは全長約30センチの胴体部分に火薬や回収用のパラシュートなどを詰めてロケットを完成させた。

残り:199文字 全文:388文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る