PR
PR

3年ぶり夜高あんどん 製作追い込み 沼田で19、20日 ぶつかり合い「今年こそ」

 【沼田】「夜高(ようたか)あんどんまつり」が19、20の両日3年ぶりに開催されるのを前に、町内であんどんづくりが追い込みを迎えている。昨年は直前で中止となったこともあり、各団体は「今年こそ」と熱意を燃やしている。

 あんどんまつりは町開拓の祖である沼田喜三郎の出身地・富山県小矢部市から伝わり、1977年に始まった。高さ7メートル、重さ5~6トンの大型あんどんを互いにぶつけ合う道内唯一の「喧嘩(けんか)あんどん」が見どころ。今年は町内の各種団体が作った大型4基、小型3基の計7基のあんどんが登場する。

残り:440文字 全文:691文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る