PR
PR

挑戦者に伊田九段 第48期天元戦

 囲碁の第48期天元戦(北海道新聞社など新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦が4日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、白番の伊田篤史九段(28)が一力遼棋聖(25)に140手で中押し勝ちし、関航太郎天元(20)への挑戦者に決まった。伊田九段が天元戦5番勝負に挑むのは初めて。

 伊田九段は1994年生まれ、三重県出身。2009年に入段(プロ入り)し、14年に20歳で史上最年少の本因坊挑戦者となった。15年の第53期十段戦で高尾紳路十段を破って初戴冠した。同年の第62回NHK杯では史上最年少優勝を果たしている。

 第48期天元戦5番勝負は10月3日、三重県伊勢市で開幕し、全国を転戦。第2局は同18日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌でおこなわれる。

 第3局以降の日程は次の通り。

 ▽第3局=11月14日、福岡県久留米市▽第4局=12月1日、兵庫県洲本市▽第5局=同15日、徳島市

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る