PR
PR

道内7204人コロナ感染、最多更新 12人死亡

 道などは4日、道内で新型コロナウイルスに感染した12人が死亡し、新たに7204人が感染したと発表した。日別の新規感染者が7千人を超えるのは初めてで、2日連続で過去最多を更新。死者数が2桁となるのは3月15日の10人以来5カ月ぶり。

 新規感染者は前週の同じ曜日を34日連続で上回り、1週間前より1528人増えた。

 発表者別の感染者は札幌市が3467人、道立保健所管内が2790人、函館市が416人、旭川市が355人、小樽市が176人。札幌、函館、小樽の3市で過去最多を更新した。道内の感染者は延べ48万972人となった。

 また、3日時点の札幌市の病床使用率は41・2%となり、3月10日以来、5カ月ぶりに40%を超えた。全道の病床使用率は3日時点で31・5%だった。(小宮実秋、岩崎志帆)

 新型コロナウイルスの道内の日別の感染者数が2日連続で過去最多を更新した4日、5カ月ぶりの2桁となる12人の死亡と、新たなクラスター18件が確認された。

 死亡したのは、発表者別に道の90代3人、80代4人、年代非公表1人、札幌市の80代1人と70代1人、小樽市の80代1人、函館市の年代非公表1人。道内の死者は計2166人となった。

 新たなクラスターのうち、医療機関は3件だった。十勝管内の医療機関で患者と職員計44人が感染したほか、函館市の函館記念病院で18人、小樽市の医療機関で8人の感染が確認された。

 福祉施設では札幌市でサービス付き高齢者向け住宅など計9施設で5~10人が感染した。このほか、旭川市の認知症対応型共同施設や小樽市の障害者入所施設、石狩、十勝両管内の介護老人福祉施設などでも5~16人の感染が確認された。(小宮実秋、岩崎志帆)

【関連記事】
⇒与野党、検査キット流通促進を 新型コロナ「第7波」対応巡り
⇒日本のコロナ感染者、2週連続で世界最多 全体の2割
⇒横田教授の「コロナ」チェック記事一覧

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る