PR
PR

大会初 ハイブリッド形式で第53回全国看護高等学校研究協議大会(大阪大会)を開催

大会初 ハイブリッド形式で第53回全国看護高等学校研究協議大会(大阪大会)を開催

大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

 2022年7月28日~29日、第53回全国看護高等学校研究協議大会(主催:全国看護高等学校長協会)が大阪私学会館(大阪府大阪市)で開催され、学校法人藍野大学(大阪府茨木市/理事長 小山英夫)が設置する 藍野高等学校(大阪府茨木市/校長 志熊博忠)が主幹事務局校を務めました。
 今大会は、大会初となる対面とオンラインを同時に行う〈ハイブリッド形式〉で開催し、2日間で延べ436人の参加となりました。


 本大会は、例年文部科学省と厚生労働省の指導協力のもと、全国の看護系高等学校90数校の教職員と関係者が一堂に会して、「人間性豊かな医療人の育成」に必要な教育方法・内容等を協議するとともに、各教育現場におけるさまざまな実験的取り組みの成果を相互に共有する場となっており、高等学校の看護基礎教育の充実と発展を目指すものです。
 藍野高等学校は大会運営委員会の「主幹事務局校」として、本大会の企画・運営の協議における中心的な役割を担いました。参加者の皆様からも、安全・安心な開催のため、たいへん多くのご協力をいただき、大盛会の大会となりました。

≪大会概要≫
テーマ:『病める人々を医やすばかりでなく慰めるために』
     看護基礎教育の重要性~看護の原点を見つめなおす~
主 催:全国看護高等学校長協会
後 援:文部科学省
    大阪府
    公益財団法人産業教育振興中央会
    公益財団法人大阪府看護協会
    一般社団法人大阪府医師会
    大阪市立中学校高等学校連合会
    公益社団法人日本教育公務員弘済会大阪支部 (順不同)
主 管:事務局校 藍野高等学校
主な内容:
<1日目>
 ⑴ 管理部会
 ⑵ 第1分科会:基礎看護(学)
  九州地区 長崎向陽高等学校
 ⑶ 第2分科会:成人看護(学)
  北海道地区 北海道美唄聖華高等学校
 ⑷ 第3分科会:老年看護(学)
  近畿地区 兵庫県立龍野北高等学校
 ⑸ 第4分科会:精神看護(学)
  中国地区 鳥取県米子北高等学校
 ⑹ 講話:厚生労働省医政局看護課 看護教育係長 菊地 沙織 様
<2日目>
 ⑴ 第1分科会:基礎看護(学)
 ⑵ 第2分科会:成人看護(学)
 ⑶ 第3分科会:老年看護(学)
 ⑷ 第4分科会:精神看護(学)
 ⑸ 准看護師課程
 ⑹ 講演:演題『病める人々を医やすばかりでなく慰めるために』
     ―医学教育の基本理念として―
   講師:藍野大学 学長 佐々木 惠雲 様
 ⑺ 講話・講評:文部科学省 初等中等教育局参事官(高等学校担当)付 
        産業教育振興室 教科調査官 高木 邦子 様

■関連リンク
 全国看護高等学校長協会ホームページ https://zenkokukango-hs.spec.ed.jp/
 藍野高等学校ホームページ http://high.aino.ac.jp/


▼本件に関する問い合わせ先
藍野高等学校 衛生看護科
山﨑 正幸
住所:大阪府茨木市東太田4-5-11
TEL:072-627-1796
FAX:072-627-1797
メール:m-yamazaki@ns-hi.aino.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/61678

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る