PR
PR

大雪時に雪堆積場かさ上げ、除排雪車両の派遣も 札幌市と開発局が協定

[PR]

 2021年度の記録的な大雪で札幌市内の交通網などが混乱したことを受け、同市と開発局は2日、道路の除排雪に関する協定を結んだ。大雪時には開発局が管理する雪堆積場の雪をかさ上げし、除排雪車両を市が行う除雪作業に派遣する。

 札幌市は、積雪の深さなどから対応を3段階に分類する方針案を今月中にまとめる予定。協定では、最も緊急度が高い「フェーズ3」想定の大雪で市が応援要請をした際、開発局が現地情報連絡員を派遣し、雪堆積場のかさ上げや除排雪車両の派遣を判断する。

残り:151文字 全文:378文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る