PR
PR

北海道で4633人感染、死者7人 新型コロナ

 道は2日、道内で新型コロナウイルスに感染した7人が死亡し、新たに4633人が感染したと発表した。道内の日別の新規感染者数は32日連続で前週の同じ曜日を上回った。

 発表者別の感染者数は、道立保健所管内が2097人、札幌市が1605人、旭川市が422人、函館市が339人、小樽市が170人。旭川市は7月26日の349人を上回って最多を更新した。道内の感染者数は延べ46万6838人となった。

 亡くなったのは札幌市の80~90代の4人、道発表の90代と年代非公表1人、函館市の年代非公表1人。道内の死者は累計で2147人となった。

 新たなクラスター(感染者集団)の発表は16件。医療機関は6件で札幌市と小樽市、室蘭市、空知管内の1カ所ずつ、旭川市の道北勤医協一条通病院、宗谷管内豊富町の町国民健康保険診療所で、それぞれ5~8人の感染が確認された。福祉施設は10件でそれぞれ5~12人が感染した。(金子俊介、岩崎志帆)

【関連記事】
⇒第7波 道内検査の陽性率8割 業務逼迫で限られる対象 「把握できない感染者」増加か
⇒道内も医療逼迫の懸念 感染拡大歯止めかからず 病床使用率、札幌と十勝で30%超
⇒<横田教授の「コロナ」チェック>記事一覧はこちら

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る