PR
PR

ゆうばり国際映画祭閉幕 長編グランプリに「アネモネ」

 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022(同実行委主催)は1日、長編対象の「ファンタスティック・ゆうばり・コンペティション部門」グランプリにチョン・ハヨン監督(韓国)の「アネモネ~子供が見てはいけない童話」を選んだと発表し、閉幕した。

 218点の応募があり、入選した6点を審査した。「アネモネ~」は宝くじに当選したと思い込み、さまざまな混乱を巻き起こす女性が主人公で、映画関係者が選出する「シネガーアワード」も同時受賞。東京で行われた閉会式はライブ配信され、チョン監督は「二つも賞をもらえるなんて考えもしなかった」と驚きの表情を見せた。

残り:211文字 全文:482文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る