PR
PR

苫小牧、厚真でユースサッカー大会 技術向上や地域振興に期待 18、16歳以下、道外から500人

 道内外のサッカーチームが競う第1回「北の大地ユースサッカー大会」(実行委主催)が7月26日から、苫小牧市と厚真町で開かれている。同29日までU16(16歳以下)の試合が行われ、4日からU18女子が、16日からは東胆振勢も出場するU18男子が始まる。技術向上や地域振興が目的。計36チームが参加し道外から総勢500人近くが訪れる予定で、地元関係者から大会の波及効果に期待の声があがる。

 全国各地でサッカー大会を運営する「ワンオール」(金沢市)が、2023年に道内で開かれる全国高校総合体育大会(インターハイ)を踏まえ、約2年前から道内開催を検討。夏も暑すぎずサッカー用グラウンドを多く確保でき、空港や港とのアクセスも良い苫小牧地域の競技環境の良さを評価し開催地に選んだ。

残り:519文字 全文:854文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
PR
ページの先頭へ戻る