PR
PR

アイスホッケー女子、苫駒大出の大沢が現役引退 五輪3大会連続で主将

 アイスホッケー女子の日本代表主将として2014年ソチ冬季五輪から3大会連続で五輪に出場したFW大沢ちほ(30)=苫駒大出=が1日、現役引退を発表した。スピードと強靱な体を武器に日本をけん引し、2月の北京五輪では初の準々決勝進出に貢献した。10日に記者会見を行い、今後の活動について説明する。

 苫小牧市出身。父は元日本代表で、自身は16歳で日本代表に初選出。開催国枠で参加した1998年長野大会以来の五輪出場となったソチ大会は、5戦全敗だったが、18年平昌大会では初勝利を含む2勝を挙げた。北京大会は1次リーグを3勝1敗で突破した。

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
PR
ページの先頭へ戻る