PR
PR

政府、コロナ対策抜本見直し 全数把握停止、一般診療も

 感染が広がりやすいオミクロン株に対応するため、政府は新型コロナウイルス感染症対策を見直す検討に入った。感染者を全数把握する仕組みの変更や、一般の医療機関で広く感染者を診療する体制の構築が中心となる。政府関係者が30日、明らかにした。医療機関や保健所の業務逼迫回避が狙い。政府はオミクロン株は重症化リスクが低く、見直しが可能とみており、専門家の提言を踏まえ流行「第7波」が落ち着いた段階で本格的に議論を始める。

 新型コロナは、無症状者への対策など感染症法で最も幅広く厳しい措置が取れる「新型インフルエンザ等感染症」に分類されている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る