PR
PR

PMF、3年ぶり野外コンサート ジャズとクラシック共存

 国際教育音楽祭「パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)札幌2022」のピクニックコンサートが30日、札幌芸術の森野外ステージで3年ぶりに開かれた。PMF首席指揮者を務め、世界的に注目を集めるラハフ・シャニさんとアカデミー生らの演奏を、約1800人が楽しんだ。PMFはコロナ禍で20年が休止、21年は会期半ばで中止していた。

 シャニさんは、20年からイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める。この日はジャズピアニスト小曽根真さんと共演し、躍動感あるプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番を披露。さらにアカデミー生らのオーケストラから、大迫力のブラームス「交響曲第2番」を引き出し、盛大な拍手を送られた。

残り:247文字 全文:597文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒PMF16日開幕 札幌などで全25公演 平和の願い音楽に込め

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る