PR
PR

牛襲う「忍者グマ」オソ18出現か? 標茶町のカメラが撮影

 【標茶】釧路管内標茶町などで放牧中の牛を次々と襲っている大型のヒグマ・通称「オソ18」とみられる写真が、同町が設置したカメラで16日に撮影された。同町内では今月1日から6頭の牛が死傷する被害が続いているが、オソは忍者さながらに人知れず行動し、目撃は最初に被害が出た2019年7月だけ。町は地元猟友会などと協力し周辺の警戒を強めている。

残り:329文字 全文:602文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<デジタル発>人知れず牛を襲う忍者グマ その名は「オソ18」
⇒箱わなの形状変更 ヒグマ「オソ18」対応会議 捕獲の小型個体は放獣
⇒辛みや爆音でヒグマ撃退 スプレー、轟音玉…対策グッズに効果アリ!?

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る