PR
PR

道内のローカルプレイヤーが有楽町に勢ぞろい 「場づくり」の大切さ、コロナ下で実感<服部亮太 北海道をアップデート>

 7月上旬、久しぶりに東京へ行きました。以前は頻繁に足を運んでいたのに、新型コロナで機会が無くなり、気がつけばおよそ4年ぶりの上京です。スケジュールを詰め込み、夜の予定にあわせて有楽町の近くに宿を取ったのですが、直前でキャンセルになってしまいました。どうしたものかと思っていたら、Twitterでイベントの告知を見つけました。

 当初の予定がちょうどキャンセルになった時間帯で、会場は有楽町。しかも話を聞きたい方々が登壇するという偶然に驚きつつ、開催直前に申し込みを済ませ、無事に参加することができました。


 イベントの名前は『地域の可能性とつながる函館空港の取り組み ~お酒とおつまみがつなぐ地域の人とその魅力~』。2022年6月、函館空港にオープンした「道南おせっかい横丁」の取り組みを紹介するものです。

 「道南おせっかい横丁」は、函館・道南自慢のおつまみを集めた特設コーナーです。

残り:21文字 全文:642文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
服部亮太「北海道をアップデート」バックナンバー
制作は生産者 ガイドブック「PIRUY(ピルイ)」が発信する広尾町の魅力と人情
桜の季節の道南・松前 移動制限のないゴールデンウイークにやっと果たせた約束
「ちゃんとプログラミングを勉強しておけばよかった」 そんな社会人でも学べます! 夏はニセコで合宿「ピリカスクプ」始まります
つながり、集まり、境界を超えた新しい地域の価値づくり―「ひがし北海道インターローカルプレイヤーズブック」が公開されました

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る