PR
PR

高卒予定者の就職希望10年で最少 北見職安管内、15%減195人 求人数高止まり

 北見公共職業安定所は、同職安管内(常呂町を除く北見市、置戸、訓子府、遠軽、湧別、佐呂間、美幌、津別各町)で、来年3月卒業予定の高校生の求職動向をまとめた。学校や職安の紹介による就職希望者は前年同期比15・6%減の195人と、過去10年で最少だった。近年、労働力不足に伴い求人数が高止まりしており、地域企業が人手確保に苦労する状況は続きそうだ。

 調査は5月15日時点で、例年この時期に行っている。同職安によると、来春の高校卒業予定者は前年同期比0・4%減の1300人。学校や職安の紹介による就職以外では、大学などへの進学希望者が同8・0%減の705人、専修・各種学校への進学希望は同33・9%増の257人。未定を含むその他が39人だった。

残り:316文字 全文:635文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る