PR
PR

JR留萌線の一部、来年3月末にも廃止 地元と調整、バス転換へ

 JR北海道が廃止・バス転換を求めている留萌線(深川―留萌、50・1キロ)について、沿線4市町とJRが石狩沼田―留萌間を早ければ2023年3月末で廃止し、深川―石狩沼田間は3年程度存続させて廃止する方向で調整していることが分かった。近く首長が集まり判断する。合意すればJRが廃止・バス転換を求めた5区間がすべて決着する。

残り:727文字 全文:1015文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒<北海道の経営者>JR北海道・綿貫泰之社長 「民営化第1世代」が語った鉄道への思い
⇒通学、通院、利便性に重点 長万部―小樽間、バス4区間ルート提示 運転手確保、財源が課題
⇒お久しぶり、キハ40国鉄色 富良野―幾寅を往復 6時間の旅、ファン笑顔

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る