PR
PR

自民・長谷川、船橋氏 立憲・徳永氏が当選 参院選北海道選挙区

 第26回参院選は10日、投開票された。道選挙区(改選数3)は現職と新人計12氏が出馬し、自民党現職の長谷川岳氏(51)と立憲民主党現職の徳永エリ氏(60)が共に3選を果たし、自民党新人の船橋利実氏(61)が初当選した。2019年の前回に続き、自民が2議席を獲得した。

残り:597文字 全文:815文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒長谷川氏、30~50代手堅く 無党派層、徳永氏が最多 道内出口調査
⇒道内投票率53・98% 前回比0・22ポイント増 戦後5番目の低さ
⇒参院選特設ページへ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る