PR
PR

空き物件活用し夜間観光事業を 札商が補助金

 札幌商工会議所は、ススキノ、大通地区の空き物件を利用した新たな夜間観光事業を対象とした補助金の申請を受け付けている。午後7時~11時の時間帯に娯楽施設を運営するなど、夜間観光を促進する事業を始める個人や中小企業に対し、開業資金の一部を支援する。コロナ禍で冷え込んだ市内観光の需要を喚起するのが狙い。

残り:170文字 全文:320文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る