PR
PR

室蘭市ごみ袋「差額券」品切れ 値上げ前に旧袋買いだめか 追加発注分には時間

 室蘭市が指定ごみ袋を値上げして新しいごみ袋を導入したことに伴い、値上げ前の旧指定ごみ袋を使う際に貼る「差額券」が市の想定を上回って売れ、一部の在庫がなくなる事態になっている。品切れとなる店舗が相次ぐ一方、追加発注分の入荷は今月下旬になる見込み。値上げ前に旧ごみ袋を買いだめした人が多かったためとみられ、市は新ごみ袋の購入を求めている。

 市は、ごみ処理のコスト増に対応するため4月1日に指定ごみ袋の値段を1リットル当たり2円から3円に引き上げ、10リットルが1枚30円、20リットル60円、30リットル90円、40リットル120円になった。旧ごみ袋をそのまま使える猶予期間が6月末で終わり、7月1日以降は旧ごみ袋に値上げ分の差額券を貼らなければ収集されなくなった。

残り:610文字 全文:1051文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒室蘭市ごみ袋、1日から1・5倍に値上げ 現行品の買いだめも…
⇒<札幌アーカイブス1922-2022>⑬家庭ごみの収集有料化(2009年7月2日)
⇒ごみ収集作業員悲鳴 コロナ禍で家庭の排出量増、賃金は低水準

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る