PR
PR

プラ製魚箱、買い物かごに再利用 コープさっぽろと道漁連が共同開発

 コープさっぽろと道漁連は、破損したプラスチック製魚箱を原料にした買い物かごを共同開発した。これまで廃棄されることの多かった使用済み魚箱を再利用し、プラスチックごみの削減につなげる狙いだ。

 買い物かごは、道漁連が全道の各漁協から回収した魚箱を千歳市内のリサイクル工場に送り、製造した。

残り:186文字 全文:328文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る