PR
PR

厚岸ウイスキーダブル受賞に乾杯 地元関係者ら 「処暑」世界最高 「牡蠣の子守唄」も入賞

 【厚岸】英国の国際品評会「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2022」で世界最高賞に輝いた「厚岸ブレンデッドウイスキー 処暑(しょしょ)」と、部門別最高賞に選ばれた町限定の「牡蠣(かき)の子守唄(うた)」の受賞祝賀会が5日夜、町内のホテルで開かれた。製造した堅展(けんてん)実業(東京、樋田(といた)恵一社長)厚岸蒸溜(じょうりゅう)所の社員と、町や地元信金、商工会、漁協、農協など関係者約50人が「ダブル受賞」の喜びを分かち合った。樋田社長らは高品質のウイスキー造りを改めて誓った。

 処暑は、四季の厚岸ウイスキーを楽しめる「二十四節気シリーズ」の第4弾として21年8月に発売。牡蠣の子守唄は、同蒸溜所で3年以上熟成させた原酒と英国産の原酒を合わせたブレンデッドウイスキー。WWAはウイスキー専門誌が今年3月に発表し、268社から19部門に計1300銘柄以上が出品された。

残り:332文字 全文:722文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る