PR
PR

看板さび取り作業中に転落死 余市

 【余市】6日午前9時35分ごろ、後志管内余市町栄町の国道沿いで、看板のさびを取る作業をしていた札幌市手稲区西宮の沢4の1、会社役員松本司さん(79)が転落し、搬送先の病院でまもなく死亡した。

 余市署によると、看板は高さ約15メートルで、3人で作業していた。松本さんは安全ベルトを着けて、高さ約10メートル付近で作業をしていたという。同署は落下した原因や死因を調べている。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る